あなたが、すっごく効果のある育毛剤を
売ろうと張りきっているとします。

でも、売る相手(紹介する相手)がいないと
いくらいいモノを持っていても
売れないですよね?

また、誰もいない山里に出掛けて行って
売り歩いても、売れません。
ビジネスをする上で一番大事なこの「集客」なんですね。

 

  

リストの重要性

江戸時代の商人も
店が火事になると、真っ先に大福帳を抱えて

井戸に逃げ込んで焼けることから守ると言われていたほど
顧客台帳を重要視していたんですね。

 

大きな福を呼ぶから「大福帳」って言うんですって。

 

リアルビジネスでも、ネットビジネスでも
顧客=リスト=メールアドレス(+名前)
とっても重要なわけです。

 

顧客台帳さえあれば、新しいビジネスを始める事が
できちゃうんですね。
なので、リストは「資産」してとっても重要なわけです。

 

江戸時代から現代に至るまで
この「リストを集める」「リストに仕掛ける」という
一連の流れは、同じなんですね。